賃貸管理のアイル福岡

借りたい

マドリームに紹介されました

自分の土地なのに使えない!? セットバックについて その3

おはようございます。アイルの藤です。

 

前回はセットバックの詳細についてお話しました。

本日は、価格に対する影響について、お話します。

 

不動産の表示に関する公正競争規約によると、

『広告にその旨を表示し、セットバックを要する面積がおおむね10%以上である場合は、合わせてその面積を明示しなければならない』とされています。

 

つまり、土地の購入希望者にとって、マイナス面での重要情報のひとつだと言えます。

また、使える敷地面積が少ないということだけでなく、その物件がある周辺環境も、物件価格に大きく影響することも忘れてはいけません。

 

セットバックをする必要がある道路は、古い街並みに多く見受けられます。

物件周辺には、建築基準法が適用される前に建った家や、現状が更地などでセットバックされていない場所もあるはずです。

そうなると、自動車では入りにくい、入れても駐車しにくいなど、普段の生活面でマイナス部分もあります。

そういった要因から、周辺相場からは安く売りに出されているケースも見受けられます。

 

ただ、それをプラス面に捉えることもできます。

つまり、価格が周辺相場よりも安い、車では入りにくいけど、駅に近くて便利、静かな住環境であると考えられるからです。

 

要は、ご自分の予算、希望条件と、物件のメリット、デメリットを十分理解したうえで比較して決めることが大切です。

なお、特定行政庁により道路の最低幅員が6mと定められた区域では、

セットバックが道路の中心線から3mのラインに設定されます。

このように地域によってさまざまですので、ひとつひとつ不動産についてアドバイスしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

最新記事一覧へ戻る
物件閲覧履歴
お気に入り物件
専用問い合わせフォーム

アイルスタッフのつぶやきブログ♪♪

会社概要

株式会社アイル

福岡県福岡市中央区舞鶴
1丁目1−3
リクルート天神ビル 4F

福岡県知事( 7 )第 11679 号

代表 : 092-687-0610
FAX : 092-737-1233
営業時間 : 9:30~19:00
定休日 : 年末年始・お盆を除く

アイルでは博多・天神周辺の不動産賃貸情報を多く掲載しています。博多・天神周辺のマンションやアパートならアイルにお任せ下さい!