賃貸管理のアイル福岡

借りたい

マドリームに紹介されました

自分の土地なのに使えない!? セットバックについて その2

おはようございます。アイルの藤です。

 

さて、前回はセットバックについてお話しました。

物件の資料の備考欄などに書かてれいる【要セットバック】というのは、

このセットバックを行わないと建築ができないという意味、

セットバック済み】というのは、すでに土地を後退させて、

この条件を満たしてある、という意味でとらえて頂けたらと思います。

 

それでは、使ってはいけない部分とはどういうことでしょうか?

 

 

ここで注意しなくてはならないのが、道路の中心線から2m位置が実際の敷地と道路との境界線とみなされるため、【セットバック】した部分の土地は、たとえ個人の所有のままであっても、建物を建てる時の建ぺい率や容積率を算定する際の敷地面積には含まれないということです。

 

ということは、【セットバック】部分に塀や門などを立てることもできませんし、

植木鉢などを並べて置いてある風景を見かけますが、本来は置いてはいけないものなのです。

 

今回の『自分の土地なのに使えない』というのは、こういった理由からなのです。

 

次回は、セットバックの価格に対する影響?についてお話します。

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧へ戻る
物件閲覧履歴
お気に入り物件
専用問い合わせフォーム

アイルスタッフのつぶやきブログ♪♪

会社概要

株式会社アイル

福岡県福岡市中央区舞鶴
1丁目1−3
リクルート天神ビル 4F

福岡県知事( 7 )第 11679 号

代表 : 092-687-0610
FAX : 092-737-1233
営業時間 : 9:30~19:00
定休日 : 年末年始・お盆を除く

アイルでは博多・天神周辺の不動産賃貸情報を多く掲載しています。博多・天神周辺のマンションやアパートならアイルにお任せ下さい!